Loading

現代人相学について

人相学とは顔の形状から、その人の性質や運命を判断する学問。
人の外見から、内面を読み取り判断する為の知識です。

人相の歴史/現代人相学について

人はコミュニケーションの場面において90%を視覚情報に頼っていると言われています。
初対面で一番始めるにみる場所は、相手の「顔」なのです。
人と人が初めて会うとき、最初に目にするのは相手の「顔」です。
顔だちや表情(人相)から、その人の性格、気質、また才能を判定しようとする学問のことです。
顔に関する研究は、世界中で行われています。
特にヨーロッパでは古くから人相学の研究が盛んに行われていました。
「顔」から、その人の性格、才能、運勢などを判断しようとする研究は、古代ギリシャの時代から行われてきました。
古代ギリシャでは、ヒポクラテス、アリストテレス、ソクラテス、プラトンなどが、古代西洋観相学の基礎を築いたと言われています。
ドイツの医学者・心理学者、エルンスト・クレッチマーは、ヒトの気質を研究し、体型と気質を結びつけた3つの類型があると説きました。

人相学は、膨大な統計データに基づく学問で、かつては医学と同じレベルで扱われていた時代もありました。

日本では、人相占いという占いのイメージが強いですね。
はるか昔から人は「顔」とその性格、素質などの関係について研究をしてきました。
現代でもなお、顔の研究は多岐にわたり「顔認証」などの技術も革新的に進んできています。
時代によって男女とも「モテる顔」や「好かれる顔」にも旬があります。
現代人相学とは、現代の旬の顔を探り、人相学で解析しに人々のコミュニケーションに最大限生かすべく研究&リサーチをしています。

顔は2つの要素でできている

先天的要素(骨格・体質)+後天的要素(毎日の習慣・心の状態)=今の顔

人相を見る順番

顔の短い・長い(大きい・小さい)

3つのエリアでどこが発達してる?

パーツを見る

顔の長い短い

短い顔は感情的、情緒型。
長い顔は理性的、熟考型。

好き嫌いが出やすいのが短いタイプ よく考えて理性的な行動をするのが長いタイプです。

顔の大きい小さい

ここでいう大きさは、横幅の事です。
横幅が小さい、横幅が大きい。
小さい顔は、受動的。大きい顔は能動的。

現代人相学を学ぶことで得られる5つのメリット

・会った瞬間に相手がどんな性格かわかる。
・人と関わりを持つことに自信が持てる。
・相手に合わせた(喜ぶ)コミュニケーションができるようになる。
・自分の魅力の再発見。
・相手の良いところに気づくことができる。

PAGE TOP